南国でハイキング!? 〜高原避暑地ゴロカの楽しみ方〜

南国でハイキング!? 〜高原避暑地ゴロカの楽しみ方〜

ポートモレスビーから空路で1時間、標高1600mに位置する爽やかな空気と緑に包まれた高原の町ゴロカ。南国パプアニューギニアの中で避暑地のように過ごしやすく、東ハイランド州の商業中心地として栄えた土地です。

周囲を3000m級の山々が囲むゴロカでは、ハイキングが楽しめます。斜面に広がるイモやパイナップル畑を横目に片道30分程で気軽に登頂できるグルポカ山は人気のひとつ。途中には、昔部族闘争の際に隠れ場所となっていた洞窟や第二次世界大戦当時のマシンガンスポットを見学できます。ハイライトは山頂からゴロカ盆地を見下ろす360度のパノラマ! 絶景ポイント間違いなしですので、カメラをお忘れなく。

もっと本格的な登山を楽しみたい方は、パプアニューギニア最高峰のウィルヘルム山へどうぞ。4,508mの高峰には、世界中のトレッカーが挑みにやってきます。希少な動植物との出会いや、ジャングルから岩山まで標高による風景の移り変わりは他では味わえない体験です。道路が整備されている上、荷物を運んでくれるポーターのサポートもあるので安心して挑戦していただけるのも魅力です。他にも周辺の村や自然を散策できるツアーが数多くあるので、体力やスケジュールにあったものをお選びください。

さらにゴロカの魅力のひとつとなっているのが、毎年9月の独立記念日前後に開催されるパプアニューギニア最大の祭典「ゴロカショー」です。ゴロカ近くのアサロ地方に住む泥マスクを被るマッドマンをはじめとしたハイランド地方の部族たちが集結し、先祖代々受け継がれてきたシンシン(踊り)が3日間にわたって披露されるとあって、世界中から旅行者が訪れます。

実はゴロカはコーヒーの名産地。村人の手作業によって丹精に栽培されるコーヒー豆は、芳醇な香りと甘くやわらかな風味でとっても美味です。農園では試飲させてくれるところもあるので、飲み比べてお気に入りを見つけてくださいね。