Vol. 27 - PNGのジャングルは驚くべき生命の宝庫

Vol. 27 – PNGのジャングルは驚くべき生命の宝庫

Vol. 27 - PNGのジャングルは驚くべき生命の宝庫

多種多様の動植物がひしめくパプアニューギニアのジャングルは、まさに生命の宝庫。この国でしか目にすることのできない固有種も多く、世界でも類い見ないほど豊かな生態系を誇っています。近年でも映画スターウォーズのヨーダにそっくりなコウモリやピンクの目をもつバッタなど、たった2ヶ月間ほどの調査で200もの新種の生物が発見されるなど、未知の生物の楽園としても学者たちの注目を集めています。

動物地理区としてオーストラリア区に属するパプアニューギニアは、オーストラリアと類似した有袋類が生息しているのが特徴です。これは約3〜5万年ほど前、オーストラリア本土とニューギニア島が陸続きだったからと考えられています。有袋類とは、赤ちゃんを未熟な状態で生み、その後母親のおなかにあるポケットのような袋の中で育成させる動物の種類で、最も原始的な哺乳類と言われています。パプアニューギニアに生存するその代表格がアカキノボリカンガルー。その名の通り、カンガルーでありながら主に木の上で生活をするという大変珍しい生態を持つ動物です。地上で見られるカンガルーとは逆に、前脚が発達し、丈夫な爪を持っており、樹上生活によく適応しています。またジャンプが得意で木から木へ飛び移ったり、高い木の上から地上へ見事に着地するなど、ずんぐりとした体型には似合わず身軽な一面を持っています。現在、森林伐採や採鉱の影響を受けて絶滅を危惧されており、国立自然保護区を作るなどの保全活動も盛んに行われています。

ブチクスクスやワラビーもパプアニューギニアに生息する有袋類の一種です。ブチクスクスはアカキノボリカンガルーと同様、樹上で暮らしていて、長い尻尾をクルッと木の枝に巻き付けて体を安定させています。オスには白と赤茶色のまだら模様がありますが、メスにはないため見分けることができます。

短い旅行の間でこれらの動物を野生の中で見つけるのは至難の技。動物たちに会うには、ポートモレスビーにある国立植物園、バリラタ国立公園やレイのレインフォレスト・ハビタットを訪れることをお勧めします。また、ロロアタアイランドリゾートやマダンリゾートなどのホテルで飼育されていることもあります。愛らしい動物たちとの遭遇はきっと、癒しのひとときをあたえてくれるに違いありません。