Mount Hagen

マウントハーゲン

ウェストハイランド州の州都マウントハーゲンは、パプアニューギニア第3の規模を誇る都市です。コーヒープランテーションで得た富により、ハイランド地方に押し寄せた近代化の波も見ることができる。伝統的価値観とモダンなライフスタイルが溶け合う様子は、この国の「今」を端的に示している。雑多な街の中心地から離れれば、清涼感溢れる山々が連なり、静寂に囲まれたラグジュアリーリゾートが佇む。さらに郊外には、人類最古の農業が発生したメソポタミア文明とほぼ同時期という貴重な「クック古代農業遺跡」があり、国内で唯一のユネスコ世界文化遺産に登録をされている。